ハッシュタグを簡単につける裏技

「じっくり学べる!なんでも聞ける!ひたちなか市パソコン・スマートフォン教室 ぷちぱそ」のかもっしーです。

インスタグラムをやっている皆さん!毎回毎回、同じハッシュタグをつけるのって大変じゃないですか?

実はそれ、一発で入れる方法があるんです。

その方法とは、ユーザー辞書登録です。

たとえば、「はっしゅ」と入力したら、#ぷちぱそ #パソコン教室 #スマホ教室 #茨城県 #ひたちなか市 #個別レッスン #トラブル相談 どいったハッシュタグが変換候補に出てくるように登録しておくことができるんです。

これを応用すればハッシュタグだけでなく、メリカリの長いお礼文や、自分の名前や住所、メールアドレスなども、簡単に表示させることができるので、大変効率がいいというわけです。

では、ユーザー辞書はどのようにしていくかをご案内します。

実はこれ、文字入力の画面から設定していく方法もあるのですが、今回は、スマホの設定アプリから実施する方法をご紹介します。

iPhoneでの操作になりますので、ご了承ください。

まずは、設定アプリから、

一般 → キーボード → ユーザー辞書

と進んでください。

新規登録の+を押す

【単語】表示させたい文字列を入れる。ハッシュタグの場合、単語と単語の間に半角スペースを入れる。

【よみ】必ず平仮名で入れる。

どのアプリでも、登録した「よみ」を入れると変換候補に出てくるので選択する。


Instagramなどでは、マストなものはユーザー辞書から出し、投稿によって、そこに新たなハッシュタグを入れてカスタマイズするといいかと思います。

※コメントでのサポートは受け付けておりませんのでご了承願います。