PDFがMicrosft Edgeで開いてしまう


「じっくり学べる!なんでも聞ける!ひたちなか市パソコン・スマートフォン教室 ぷちぱそ」のかもっしーです。

 

 

 2020年6月3日、MicrosoftはWindows Update経由でEdge(新Edge)の自動配布を開始しました。

 

というか、なんだかわからんけど、気づいたらEdgeが今までと違うものになっていた!という方も多いのではないでしょうか。

左が旧Edgeで右が新Edgeです。

以前のアイコンはInternet Exploreと似ていてややこしかったので、個人的にはこっちの方が好きかな。まあ、まだなんとなく違和感はありますが(笑)

 

ちなみに、Windows Update経由でインストールした場合アンインストールはできません。

ま、とっとと諦めて、新Edgeに慣れることです。

お気に入りや履歴などは、そのまま移行されるのでご安心を。

 

また、新Edgeは、Chromiumというレンダリングエンジン(難しいので説明は省きます)を採用しているので、従来よりも表示が早くなっているはずです。

 

私個人は、使っているサービスの関係からグーグルクロームを既定のブラウザにしているのですが、現在、Edgeを使っている方であれば、新Edgeで今までよりもストレスなしで使えるかなぁと思っています。

 

まあ、新Edgeについての話はいいとして、問題は、これまでPDFをAdobe Readerで開いていた方が、勝手にEdgeに変わってしまったということです。

 

今回は、その解決方法をご案内します(これまでの話が長かった!)。

 




左側に拡張子がアルファベット順に並んでいます。「.pdf」というのを探すのに時間がかかるかもしれませんが、右側のスクロールバーをドラッグすると早く見つかると思います。


どうでしょうか。「.pdf」の横がAdobe Readerに変わっていますよね。

 

もし、Adobe Readerではなく、たとえばGoogle Chromeで開きたいという場合は、Google Chromeを選択してくださいね。



ぷちぱそは完全予約制の個別レッスンです。